左へ,ゆきたい。。。

 

輸入車整備と波乗りの気ままな日記

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2008.01.16 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2005.07.12 Tuesday

カウンタックLP500、始動しない〜整備編



  
☆ ランキング参加 ココをクリック お願いします


1・・・スターターが 突然回らなくなり STの飛び出し音もしない

カウンタック

配線の焼損を 発見して修理


2・・・暖機後 突然 エンジン不調になり ばらついたり エンストしたり
メーンリレー

コントロールユニット(2ケ有り)への 電源系リレーも 焼損→交換

2005.07.12 Tuesday

メルセデス、ABSランプ点灯〜整備編




☆ ランキング参加 ココをクリック お願いします


ABSランプが時々点灯するいう事で 入庫
テスターで診てみると 各ソレノイドバルブの不良や電源電圧の不良を 表示

ABSランプ点灯

本来ならば ABSハイドロ・ユニットAssyを 交換すれば治るのですが
部品代だけでも 約170000円と 非常に高価なため
ハイドロユニットの 電子部分を 取り外してみました


ABS

ハイドロ

もちろん この部品は 非分解部分ですので 注意が必要です


ABSハイドロ・ユニット基盤 修理

で、基盤を良く診てみると ハンダの不良部分を発見
基盤を修理して ケースのシーリングもやり直して 無事不具合は 解消されました
テスターにて 再度リセット・確認→ OK



このような修理をして 治る時が楽しいです〜♪

2005.07.09 Saturday

アイドル不調、エンスト〜整備編




エアフロ


スロットルバルブ


スロットルバルブ スイッチ

2005.04.07 Thursday

難問解決♪・E500〜整備編




E500-2003

◎ E500,2003年モデル 走行57000KM

・バックランプが 不灯
・PTS(車間警告センサー)が 不動
・アクティブサスが ハードに固定したまま

これは一体どうしたことか? 
久しぶりに 数日に渡って解決できない 難問でした

まぁ〜、答えを話してしまえば 1分も掛からない結果となるわけですが・・・

最近の車は 各バルブ(電球)への電圧供給は 全てコンピューターが行なっています
以前の車のように ブレーキペダルを踏んだら アース(マイナス)に落ちて 点灯すると言うのではないのです
運転者は 色んな信号操作だけを 実際は行なっているだけで
たとえば アクセルもペダルを踏めば スロットルバルブを自ら開いていると 思っているでしょうが 実際はスプリングの付いたペダルを動かし
その動きを信号に変えて 各CPUへ送っているのです
つまり、アクセルワイヤーなんてのは 有りません

ブレーキランプも ブレーキぺタルを踏んだと言う信号だけを トランク内の「リヤSAM」というCPUへ送り この「リヤSAM」というCPUが 初めて12Vの電圧を バルブへ送るのです
バックランプも同じです

ですから、NAVIやステレオやTV、ETC等ををつける際には 十分にそう言うことを理解した上で 取り付けしないと 色んなCPUを壊してしまいかねません


で、今回の修理は ランチテック製のテスターでは無理なので あの「DAS(メルセデス専用テスター)」を お借りして取り掛かりました
DAS 診断機

DASで診て見ると バックランプ系(リヤSAM)も PTSも アクティブサスも 異常な信号は入力されておらず、???
では・・・
  ATのコンピューター・EGSシステムが 不良なのか???
(でも、不良コードの入力は無いし・・・)

WIS(メルセデスの修理総合システム)を見ながら 全ての配線やコネクターを点検するが 以上はありません

「なんじゃ?こりゃ〜?」と 一時は半ばあきらめ気味でした・・・が
9回の裏 金本選手の逆転サヨナラホームランに値する答えがわかりました!!! \(^o^)/


その答は・・・秘密にしておきます<爆
単純な故障ではありませんし 治すにも1ヶ月はかかりそうです
金額も 相当かかります

「まさか!?」という 答でした

どうしても知りたい方は 電話してください〜
こっそり、お教えいたします (^^ゞ

「治らない車は この世の中には無い!」が 信条です
時間やお金が掛かっても 必ず治り また快調に走行できるのです
それが、車です(確)

こういう修理は 行っている時は頭は痛いし 胃にも悪いですが
解決した時の喜びは スッキリして 快感です〜アハハ

2005.03.12 Saturday

Cクラス、フロントサスより異音〜整備編




C43ボールジョイント2

◎ C43 フロント・ロアアーム・ボールジョイントより異音

車庫入れ時のような 少しハンドルを切った状態で わずかな凹凸で金属の擦れるような
きしみ音が 発生していました
良く聞く音です 「ギィ ギィ」と小さな音ですが 気になる不快な音

メルセデス特有か? 時々修理するサスペンションの音です
・ボールジョイントの不良の場合は 2種類の異音が発生します
 1・・・コトコト・ゴトゴトという ガタの有る時の異音(走行キロの多い車)
 2・・・ギィギィ ギュギュという きしみ音(走行キロの少ない車)

今回は 2のケースでした

C43ボールジョイント1

・パーツNO 2113300335 定価¥12705(1ヶ)

左右とも 交換して無事 異音は解消されました〜


ずっと以前のメルセデスなら このボールジョイントを交換するのに
特殊工具が無ければ フロントサスを全て分解して ロアーアームを自体を取り外し
圧力プレス機で 交換していました (かなり大変です)
中には ロアーアームASSYでという場合もありました

でも、最近のメルセデスは このように車上で交換できます

このロアのボールジョイントは フロントサスの要です
タイヤの動きを全て受け止め ハンドリングの重要な支えをしています


今回 インターネットから 来店して頂いたC43のオーナーのIさんは
とても車が好きで ドライブする事を楽しんでおられる 素敵な方でした
交換後の感想は 「まるで新車に戻ったみたいです」と おっしゃっていました
車好きで 車を愛する方とお話していると ホント楽しくてこちらも嬉しくなります
Iさんは 穏やかな話し方の中にも 感性と感覚の優れた方だと言う事が表れていました

整備する側も やりがいのある仕事でした

2005.02.16 Wednesday

バッテリー上がり〜整備編




poro2

◎ VWポロ 1週間でエンジン掛からず=バッテリー上がり

待機電力(漏電)の少ないVWポロですが バッテリーが時々上がってしまうと言う事で 入庫
漏電(エンジンを切って、キーを抜いて、ドアーロックした状態で)を測定した所、37mAが 流れていました
車によるのですが 大体10〜15mAが正常な値です
37mAだと 1週間から10日でエンジンが掛からなくなると思います

メルセデスのように 大きいバッテリーなら2〜3週間ぐらいで 上がります

さて、漏電している所はと探しましたが スイッチはOFFだし???
運転席をドンと閉めると 漏電が変化したり ボデーを揺すると正常になったり??? なんだろう???

気が付きました! リヤゲートのランプが閉めてゆくと 時々薄暗く点灯したりするのです  ゲートを閉めてボデーを少し押しても 薄暗く点灯したりします
opro1

ということで、ゲートの配線を引き出して 良く見て見ると わずか0.5mくらいこすれて ボデーと接触した跡がありました なるほど!
配線をテーピングしてOK
バッテリーを約一日かけて充電して 解消しました〜スッキリ♪


○最近のお車は キーを付けておくとバッテリー上がりを良く起します
 漏電・待機電流が 多いのです
 必ずキーを抜いて ロックをしなければいけません

また、エンジンを切ったあと1〜2分間 漏電(CPUのメモリーなどに使う為)が多い車も少なくありません。  判断を間違わないようにしなければいけませんね 

○バッテリー交換の 大事な注意点ですが
 必ずキーを抜いておく
 新しいバッテリーの取り付け時には +側 そして−側と付けるのですが 私はライトのスイッチをスモール位置に 必ずします
 そうしないと 各コンピューターのメモリー側に先に電流が走ってしまい
 壊れてしまいます
 (この故障は 本当に起こります。メルセデス〜フェラーリ等)
 単純にバッテリーを交換したらよいと言うのでは ないのです

注・・W140の場合は BMコンピューター内のヒューズが切れたりしますよ

またバッテリーを交換したら ステアリングセンサーの設定や パワーウィンド・サンルーフなど リセットが必要になります

万が一 充電しなければいけないときは 車上でターミナルを外さずに 2〜5Aぐらいで ゆっくりと充電してください

ちなみに、車の発電機・オルタネーターは優秀なので バッテリー上がりを起して ジャンピングで始動すると 70〜100Aぐらいの大電流でバッテリーを充電してしまうので バッテリーの寿命は短くなります(残念!)

2004.08.24 Tuesday

メルセデス、エアコン修理編




ヒーターバルブ

◎・・・94年式、S600、67000KM
    { 左吹き出し口より 温風が出てくる }

4、5年前に 室内のエバポレーターを交換して その後快調にエアコンが効いていたのに 一昨日より 左側の吹き出し口から 温風が出るとの事
・・・これ 実は良く起こる不具合なんです・・・

メルセデスの場合 運転席と助手席の噴出し温度を 変えることが出来ます
ヒーターからの温水を 左右で温度を変えることが出来るんですね
で、この場合は 左側のヒーターバルブが 開きっぱなしで温風に
なっていました。 部品はエンジンルームの左フェンダーに付いています
交換して 無事エアコンも良く効くようになりました

同じように リヤエアコンが温風しか出ないとうのも あります
それもリヤ用の ヒーターバルブが開きっぱなしの故障でなります
部品は 右フロントタイヤハウスの 後ろ側に付いています

このヒーターバルブは 実は分解しようと思えば出来ますし
ソレノイドノズルと 当りシートを清掃しても治るケースがあります

フロン用 ヒーターバルブ パーツNO:0018301484
                  定価¥72870円


その他 良く発生するエアコンの箇所は・・・

1、W140の場合
  ・室内エバポレーターからの ガス漏れ
  ・マグネットクラッチの3本の配線が 硬化して電圧降下して
   コンプレッサーが入らなくなる
  ・レジスターの配線が 硬化して 電動ファンが中速で回らなくなる
   ( いきなり高速でしか回らない )
  ・ブロアファンが 低速でしか回らない あるいは全く回らない
   ブロアモーターの上に付いている トランジスターレジスターが
   故障の原因
    (パーツNO:1408218451、¥68775)
   
   比較的 多いのが上のような故障です センサーやスイッチ類は
   少ないです

2、W124・R129の場合
  ・やはりエバポレーターからの漏れ
  ・ファンレジスターの配線が 硬化して焼損
    中速で 電動ファンが回らない
    中速用リレーの15Aヒューズが切れる

*この電動ファンが中速で回らないと いつも高圧側が 高くなってから
 ファンが高速で回るので ガスの高圧側にはかなり負担が 多いです
 よってエバポレーターの 漏れも早く発生するような気がします 

レジスターの配線は R129やE500などでは 左ヘッドライトの
後ろ側に付いています 一年に一度は 必ず交換(別線で)しないと
いけないくらい、酷くなっているケースが殆どです

3、W202、W210の場合
  ・エバポレーターは少ないですが 漏れる場合があります
  ・室内の ヒーター・エアコンケース内の 温度センサー各
  ・レシーバタンクの詰まり+圧力スイッチなど

  ・エアコン用フィルターも汚れが早く 風量が落ちてきます
 
  温度センサーや圧力スイッチは 故障診断機が無くては
  発見は出来ません (自己診断機能が パネルにはありますが) 

エアコンの故障 効かないという場合は
・ガスが無い
・ガスはあるが 冷たくならない
・左右で 温度差がある
・風が出ない
  など 色々あります

昔は クーラーの修理は 車の電気屋さんというイメージが有ったのですが
テスターがないと 今は治せないケースが多いです

また、必ず忘れてはいけないのは ガス漏れなんかで部品を交換する場合は
コンプレッサーのOILを 必ず足すという事です
ガス漏れで いつも補充ばかりしていると いつか必ず焼きつきます
そうなると 驚くような修理代が掛かりますから・・・


エアコンは ほんとデリケートなシステム・部品だと思います
ガス圧や 状況をよく判断しないと ミスを起こしかねないですね
 

2004.08.18 Wednesday

あぁ〜メルセデス。。。整備編




◎・・・SL55 コンプレッサー(スーパーチャージャー付き)
    2003年モデル 走行12000KM

    { エアコンが効かない }
    { ABCランプ点等 }

:先日 入庫頂いた まだ新車と言って良いメルセデスSL55/AMG
 まずはエアコンが効かないということで 調べた所・・・
 ・コンプレッサーは入っている
 ・少しは冷えている

 ので、R134用ガス漏れ探知機にて診断した所
 なんと 室内から漏れ反応有り!
 そうなんです、メルセデス伝統の「エバポレーター」からの漏れなんです まさか!!!と 思いました
 W210から 既に今までの エバポレーターとは違い
 全く新しいタイプに改良されているのに (でも、漏れているが)

「 まだ 漏れるのかぁ〜 メルセデスよ! 」と落胆した。。。

 エバポレーターの交換は 結構大掛かりな修理になります
 初めてトライする車種なら 3日〜5日ぐらい
 比較的に車が 新しければ 楽なんですが
 年式が経っていると 結構 他のパーツにダメージが有って
 色んな追加作業が 増えますから

 分解した ヒーターのケース部品全てを ひとつひとつ洗って 綺麗にし たり、 内外切り替えの バタフライに付いているスポンジが 朽ちてい て  それを剥がして また新しく張り直してあげなければなりません

 (これを怠ると 内気循環にしても 外気が入ってきますから。。
  部品としては無いので ホームセンターで スポンジを買って
  こまめに貼り換えます )

 あとフラップの漏れや ヒーターコアの漏れ 各ダクト内の清掃
 ダッシュ裏の清掃 など かなり作業は有ります
 コツコツと かなり根気と熟練技が 必要な作業です

そう言えば、以前 近所の修理屋さんが W140のエバポレーターを
 交換していて 1ヶ月程掛かっていました パネルは割るは
 ビスは余るは 「二度としたくない」と 言ってはりました
 パネルを留めている 隠れビスや 独特の取り付け方をしているので
 結構 慣れていないと難しいんです
 

:ABCランプの点灯は 診断機で見ると 「プレッシャー圧の低下」
 見れば 後ろのショックアブソーバー左右から OIL漏れ
 ショックが 上下したり 硬くなったりするタイプなのです
 かなり高価な部品ですが 日本には有りませんでした

 このタイプのショックアブソーバーは 良く漏れます
 他のタイプの車でも 同じシステムなら 早かれ遅かれ 漏れる


しかし メルセデスは 故障が多いです
ジャガーや ポルシェ ワーゲンみたいに 故障の少ない車には
なかなか なれませんね〜


(^。^) ところで 昔々初めて車を見て カッコイイと思った車が入庫いたしました
  (エンジンから色々多々 修理です )

ちょっと古いですが 450SLCです
始めてみた時・・・交差点を曲がってゆく姿を見た時
低くて ボンネットが大きくて ドアーが2つで テールは小さく
過ぎてゆく後姿に 「450SLC」は 心に残りました。。。
またまた、長い 格闘?に なりそうです♪

  

2004.08.18 Wednesday

オーバーヒート〜修理編




razie-ta-

◎・・・メルセデス300E,91年式
    { ラジエータの警告等が点灯して、オーバーヒート?する }

早速 点検した所 サブタンクの水がかなり少なくなっている
キャップを開けようとしたが ヒート気味で無理
こういう場合は エンジンをかけて回転を2500RPMぐらいに保つと
サーモカップリングが働いて ラジエーターが良く冷えて水温が下がります
それからキャップを開けてみると・・・(写真)
なんとキャップの負圧弁が サビで固着している。また回りのゴムガスケットも硬くなって 亀裂している

そうなんです、実はこのラジーエーターキャップというのは「呼吸」をしているんですね。内圧が高くなれば 加圧弁が開いて圧(水)を補タンクへ
そして内圧が下がれば また負圧弁が吸われるように開き 補タンクから水(LLCですが)を戻します
ですから、今回のような負圧弁が 動かなくなると水が出てゆくばかりで
だんだんとサブタンクの水が減ってしまい 警告等は点灯 オーバーヒート気味になるんです。 出来れば2年ごとに交換しておけば安心して乗っていられるのですが・・・。
ただこの300Eのように内部が錆びていると 再発は早くなると思います

一旦 水系統が錆びてしまうと なかなか綺麗に取り除くことは不可能だと思います。 水が減るからといって 本当に水ばかりを足していると 直ぐにサビが発生します。 早めに修理するか 足して誤魔化すなら是非 LLCを 補充して欲しいですね〜

ラジエーターキャップ パーツNO:1245000406
                 定価:¥1638円

2004.08.17 Tuesday

マイナートラブル〜整備編




◎・・・メルセデスCLKカブリオレ、2000年、15000KM走行
   {左ドアミラー内の指示器が点滅しない}

まさか、簡単な球切れでもないだろうと思い、ミラーを外して入力電圧をみたところ、やはりゼロボルト。配線が途中で断線しているのかとドアーの内張りも取り外して見たが、やはりゼロボルト。
以前、CL55でドアの開閉で配線が断線していたことがあったので、そうだと厄介だなぁと思ったが、まずは左ステップの配線を確認してみた。するとなんとカバーされた中で、コネクターが外れていた。まっ、簡単に治って良かったが、メルセデスとしては非常に珍しいケースの故障である。
で、車を良く見るとNAVIが取り付けられている。また、配線もその左ステップを通っているのである。こりゃ〜、きっと人災?だなぁ〜と思った。

メルセデスの場合、マイナーな故障(たとえば、新車からボルトが緩んでいたとか、アライメントが狂っているとか、オイルや水が漏れている)は殆ど無い。あるとすれば、デリバリーの時に手直しをしてそこでのミスや何かである。ちなみに新車の塗装の手直しなんていうのは良くあることで、結構OOセンターで良くやっていたが(当時はと言っておきます)、他の輸入車メーカーに比べたら少ないほうだと思います。  

▲top