左へ,ゆきたい。。。

 

輸入車整備と波乗りの気ままな日記

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 二人は 仲良し♪〜整備編 | TOP | メルセデス、Cクラス(W202) ミラーが動かない〜整備編 >>

2008.01.16 Wednesday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2005.12.10 Saturday

メルセデス 車検 〜整備編




初めて 入庫されたメルセデスのホイールを取り外そうとしたら

なかなか外れません (これって良く有ります)

ホイールのセンターハブの部分が さび付いていて取れないんです

1
これは フロント。物凄く錆びていました


2
ホイールのインナーも もちろん錆び


3
リヤも ごらんのように錆びています

フロントもリヤも こんなに錆びているとパンクした時などに

タイヤを外そうとしても 取れません。「なんぎ」しますよ〜


そこで、車検時には必ず このハブの錆をブラシで全て取り除き

オベロンG33を塗布してあげます


4
ハブボルトのネジ山部にも オベロンG33を塗布します(左)

こうする事により 次回からすんなりとボルトを取り外す事が出来ますし

締め付けトルクも均一になります

女性の方でも 万が一のパンクの時 ホイルを簡単に取り外せます


* アルファロメオのホイル・ボルトは ネジのピッチ(間隔)が狭く

  すぐに錆び付いたり ネジが かじったりして 外れなくなります

  今までにもボルトが折れ込んで ハブを全部交換した事もあります

  ですから、必ず 塗布する事が必要です



5
ハブも ブラシで綺麗に磨き オベロンG33を塗布


6
ホイルのインナーも 綺麗に錆び取り


車検時には(あるいはタイヤ交換時などでも) 必ず実施しています

(今までに うちで車検した車は100%実施済みです)

一度この処理をしてあげると 長年に渡って効果がありますから

見えない所ですが お客様に安心して乗っていただけます





2008.01.16 Wednesday

スポンサーサイト


17:15 | - | - | -

▲top